オートクレーブ処理可能な医療・歯科機器用SCHOTT Solidur™ LED

IDS 2015にて製品を発売

SCHOTTは、ケルン(ドイツ)で開催された国際デンタルショー2015において2種類の製品プラットフォームを新たに発表すると同時に、オートクレーブ処理・カスタマイズ可能なLEDの新たな商標名Solidur™を発表しました。

Solidur™ Ring LEDは、世界初となるオートクレーブ処理可能なリング型LEDです。その「リング型デザイン」により、影を生じることなく対象エリアを照明することが可能となります。

Solidur™ TO LEDは、気密型トランジスタアウトライン(TO)形状を基盤とするオートクレーブ処理可能なLEDです。SCHOTTはTOに関する専門企業として、多種多様なTOハウジングやレンズを提供しています。

極限条件向けの滅菌処理可能なLED
LEDは、医療用技術や歯科などのハイテク用途に不可欠な存在となっています。この種の用途では、照明製品に対して非常に厳しい要件が課せられています。その中でも特に重要な要件としては、サイズ、光特性、温度管理、有用性、滅菌可能性があげられます。

オートクレーブ処理可能な気密封止
SCHOTTでは、特に上記用途での使用を目的とする完全封止のSolidur™ LEDモジュールを開発しました。この製品では材料を厳選し、気密性・水密性に加えて優れた温度管理特性や長寿命を実現しています。そのため同LEDは、オートクレーブ内の標準滅菌条件などの非常に厳しい作動条件にも耐えることが可能な信頼性を備えています。

カスタマイズされた設計
SCHOTTはカスタマイズされたハウジングやキャップ、レンズの開発に関する専門知識を備えています。そのため、それぞれのお客様の要件に合わせたSolidur™ LEDを設計することが可能です。さらにお客様には、次の基本的な3種類のLEDから製品をご選択いただけます。

- Mini LED世界最小のオートクレーブ処理可能なHB(高輝度)LED
- Ring LED世界初のオートクレーブ処理可能なリング型HB LED
- TO LED既存のシステムに簡単に組み入れることができるオートクレーブ処理可能な汎用LED
SCHOTT Solidur™ LED‐無敵のロバスト性を誇る製品

SCHOTT Solidur™ LED‐無敵のロバスト性を誇る製品