SEFUSE® SF タイプ

製品概要|特長|用途|仕様|品質|ダウンロード
SEFUSE® SFタイプは、電気製品が異常過熱し危険な状態に至るのを未然に防ぐ、非復帰型の温度保護デバイスです。感温素子として有機化合物を使用してます。


SF type

SFタイプは金属ケース内に、可動電極、スプリング、感温ペレットなどが組み込まれています。常温では、リード線の先端が可動電極と接触しており、電流は、可動電極と金属ケースを介して、もう一方のリード線に流れます。周囲温度が動作温度に達すると感温ペレットが溶け、スプリングが可動電極を引き離し、電流を遮断します。