封止ガラス

金属またはセラミックスのような異なる材料間の電気的絶縁や気密封着の固定化のために、封止ガラスの使用はエレクトロニクス産業に広く普及しています。この種のガラスの一般的な加工温度は800〜1000℃です。
封止ガラスの多くはホウケイ酸塩ガラスとアルミノケイ酸塩ガラスに属します。
信頼性の高い気密封止を確立するには、熱膨張係数(CTE)の正しい選択が重要です。個々のガラス組成は、封止される素材、温度分布およびそのCTEによって決まります。 整合封止の場合、ガラスのCTEは封止相手のCTEに可能な限り一致しています。一方、圧縮封止では、封止素材が互いに圧縮し合うよう、意図的にガラスのCTEが適合しないようにします。

SCHOTTは、整合封止と圧縮封止に適した、シリコンからステンレススチールまで多種多様な素材に対応できるガラスを取り揃えています。
封止ガラスを微細粉砕パウダー、顆粒状物およびプリフォーム形状にてご提供いたします。

弊社は高温用途向けも取り扱っております。詳細はダウンロードをご確認下さい。