ソルダーガラス

フリットガラスとも呼ばれるソルダーガラスは、特に軟化点が低い(550℃以下)特殊なガラスです。ソルダーガラスは封止される素材が熱によってダメージを受けずに、ガラスと他のガラス、セラミックまたは金属との封着に使用されます。熱応力を最小にするため、熱膨張係数(CTE)は封止相手のCTEに可能な限り近い必要があります。
封着工程での作用により、ソルダーガラスは安定性ソルダーガラス(Vitreous Solder Glass)、結晶性ソルダーガラス(Devitrifying Solder Glass)、複合性ソルダーガラス(Composite Solder Glass)の3種類に分類することができます。
安定性ソルダーガラスは封着工程の間もいわゆる「ガラス」状態のままであり、材料特性は変わりません。封着部分を再加熱すると、先の封着工程時と同様に、同じ温度で軟化が生じます。
その一方、結晶性ソルダーガラスは封着工程で少なくとも一部が結晶化します。その結果、軟化温度が上昇するため、結晶性ソルダーガラスは使用温度が高いアプリケーションに使用されます。また、結晶化によりCTEが変化することもあります。
複合性ソルダーガラスは、低温封着工程の条件下において、非常に低いCTEになるよう開発されました。これは低いまたはマイナスの熱膨張係数を持つ不活性フィラーを添加することにより実現します。