医療用コネクター/フィードスルー

医療技術では、全てのコンポーネントの信頼性が重要な要素となります。精密電子コンポーネントの場合、厳しい環境条件に長期間耐える能力を備えた信頼性の高いパッケージに気密封止する必要があります。

SCHOTT Electronic Packagingは、70年以上にわたり気密パッケージとフィードスルーの製造に携わってきました。当社ではこの経験に基づき、医療機器用のオートクレーブ処理可能な特注コネクタを提供しています。この製品は、ガラスまたはセラミックを絶縁体として使用し、経年劣化しない高純度無機材料を用いて製造しています。

実績あるガラスと金属の封止(GTMS)技術やセラミックと金属の封止(CerTMS)技術を使用することにより、内部腐食や電子コンポーネントの劣化、さらには機器の故障を引き起こす可能性がある水分やガスの侵入を確実に防止します。そのため当社の封止コネクターは、温度や衝撃に対する優れた耐性を備え、オートクレーブ内の標準蒸気滅菌条件にも確実に耐える能力を備えています。また同時に電力を連続して供給したり、コンポーネントからデータを伝送することもできます。

当社のオートクレーブ処理可能な医療用コネクターとフィードスルーは全て特注品であり、個々のお客様の要件に合わせて総合的な改良を加えることが可能です。
ニュース、展示会、イベント
27.
November
展示会 IBTE 2017, Shenzhen, 中国, 2017-11-27 - 11-29
22.
September