LNG運搬船

エネルギー源としての天然ガスの重要性は世界中で高まっています。天然ガスは、輸送や保存を容易にするため、圧縮して圧縮天然ガス(CNG)にするか、液化天然ガス(LNG)にします。約-160℃(-260°F)まで冷却すると、天然ガスの体積は大気圧下で約614分の1に減らすことができます。
天然ガスは、特別設計された極低温貯蔵が可能な船で輸送され、特別設計されたタンクに貯蔵されます。LNGの積み下ろしをする特殊なポンプは、モーター、ベアリングなど、完全にLNGに浸るすべての部品が一体化されたインテグラルシャフトを特徴としています。SCHOTTのLNG運搬船用電源・計装導入端子を使用することで、このサブマージドポンプに安全に電気を供給することができます。
LNG運搬船
SCHOTT Eternaloc®端子ヘッダ‐高耐久性

Eternaloc®端子ヘッダは、数十年間にわたりメンテナンスフリーの製品です。このATEX認証取得済の製品は、現在利用可能な技術の中で最も安全であるとみなされている特許取得済のガラスと金属の封止技術を基盤としています。
導入端子モジュールは、主にステンレススチールのフランジとガラス圧縮封止技術によって封止された導通体でできた単一封止端子で構成されています。
安全性を高めるため、端子は二重に封止されています。これにより、両側の封止部の定期的、あるいは継続的リーク監視が可能になります。
ケーブルラグ接続部など、すべての導電部品は、ガラス沿面距離を広げることによってさらに保護されています。