原子力発電所

世界の発電電力量の約17%は、原子力発電所で生産されています。原子力発電所では、制御された核分裂を強力な高エネルギー源として利用し、水を蒸気に変換し、発電用タービンを回しています。

SCHOTT Eternaloc® - 小さな部品 大きな影響

SCHOTT Eternaloc™ - 小さな部品 大きな影響
原子力発電所格納構造は、原子炉を安全に格納できるようすべて密封構造に設計されています。放射性高エネルギー燃料をコントロールするためには、原子炉や格納容器内に何千もの計器や制御パネル、電気モーター、電気、電子デバイスを供給する電気が必要となります。

ガラスと金属の封止技術によるSCHOTTのガラスと金属の封止(GTMS)技術による端子Eternaloc®は、耐火、耐圧性のある気密封止された原子炉格納容器の内部へ安全に電気を供給することができます。原子炉内で主要な装置が機能するために重要となるのが、電気端子の性能です。また電気端子の封止は、あらゆる事故状態において、格納容器の圧力を維持することができる十分な強度を備えていなければなりません。事故の際には、このガラスと金属の封止(GTMS)技術による端子が蒸気や圧力や放射能の漏れを防ぎます。

ガラスと金属の封止(GTMS)技術による端子Eternaloc®は、何十年も耐圧性や耐真空性を維持する経年劣化しないガラスで封止されています。SCHOTTのGTMS技術は、1960年初期よりメンテナンスフリーとして、世界中で原子力発電所における耐久性と信頼性実証してきました。

原子力発電所用端子モジュールは、主に以下のようなもので構成されています。
  • 導通部がガラス封止された金属ハウジング
  • ガラスと金属による封止(GTMS)(ガラス圧縮封止)
  • テールケーブル接続(収縮管やエラストマーシーリングで耐LOCA封止)
  • テールケーブル(お客様の仕様に基づく長さと種類)
  • 金属ハウジングとケーブル接続部の応力緩和
最新型の導入端子は、実装可能なコネクタ付きレセプタクルモジュールを使用し、狭いスペースでも簡単に設置できるようになっています。