TOヘッダー

トランジスタアウトライン(通称TO)という用語は何十年も前から使われています。これは、電流を通す電子ハウジングの設計とサイズを規定する工業規格です。TOパッケージはヘッダーとキャップの2つの部品で構成されています。ヘッダーは搭載部品に電気信号が供給されるようにし、キャップは光信号が円滑に伝送されるようにします。光信号のセンサー(例えばレーザーダイオード)や受信器(例えばフォトダイオード)が取り付けられます。
TOヘッダーは、半導体、レーザーダイオード、電子回路などの電子部品や光学部品を実装する土台となる一方で、ピンを介して実装部品に電気信号を供給します。フォトダイオードやレーザーダイオードなどの光学部品は、特に環境の影響を受けやすい素子です。特に湿度は半導体素子を急速に劣化させ、部品全体の不具合の原因となります。そのため、これらの部品には高信頼性と永久保護が必要です。

一般に、TOヘッダーは製造技術によって次の3種類に分かれます。
  • シェル型ヘッダーは、深絞りで成型されたベース部品でできており、ピンはガラスで封止されます。
  • スタンプヘッダーには、フランジをもったタイプ(スタンプA)と、フラットなタイプ(スタンプB)があります。
TO He aders: Shelled / Stamped A / Stamped B